美容室・理容室・一般家庭の給湯設備日記

理美容室・一般家庭の給湯器・ボイラーを中心とした給湯設備工事を日々紹介してまいります。「うちはこうだけど、よそはどうなの?」なんて疑問も解決しますよ!是非ご覧ください。 株式会社伸和工業・工事部 島倉賢三 0120-14-3600  ※全ての記事はお客様のご了承を頂いた上で投稿しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

東京都荒川区のカリフォルニア様でサーモシャワー交換工事

本日のブログは、東京都荒川区にお店がある、美容室カリフォルニア様サーモシャワー交換工事とボイラー改善工事の記事を投稿いたします。

カリフォルニア様
鉄筋コンクリート打ちっぱなしの建物がとてもオシャレで、入り口がとても大きな店構えでインパクトがあるお店です。


カリフォルニア様 旧シャワー栓
シャンプーボールが3台あり、中央のシングルレバー栓が出が悪くなったなどの不調がおき始めてきたとの事で交換する事になりました。


カリフォルニア様 シャワー栓交換工事中
シャンプーボールとシングル栓がナットで締め付けて固定されていますが、古くなってしまった蛇口ほどなかなか外れないんですよね、沈黙の帝王、職人長瀬もかなり苦戦しています。



カリフォルニア様 新シャワー栓
新たに取付たのは、サーモミキシングタイプのシャワー栓です。
最近の新店舗はほとんどがこのタイプになってきていますが、やっぱり温度ダイヤルを希望の温度に合わせれば、後はシャワー栓の方で温度を自動で調整して出してくれるので、面倒がないですよね。
今までのシングルレバー栓や2ハンドル栓だと、適温にもっていくのが結構面倒だし、捨て水も多くなりますからね。


カリフォルニア様 ボイラー
もう一つの作業は、店舗裏にボイラーが設置されていて、度々リセットが働く事があるという事で調べてみたところ、バーナーの燃焼不良が発生していました。
皆様もご存知かと思いますが、ガスバーナーが燃える時は一緒に大量の酸素を燃やしますので、大量の空気をバーナーに取り入れてあげる為にファンの力で強制的にバーナーに空気を送っています。
その為、空気と一緒に砂ぼこりや室内ですと綿ぼこリなどを吸い込んでしまい、一定の年数が経過すると燃焼不良状態になります。
そのような状態になった場合は、バーナーのオーバーホールを行います。
カリフォルニア様もこの状態でした。



美容室・理容室の為の給湯器・ボイラ・内装・設備のサイト「株式会社伸和工業」のトップページはこちらから!



テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
会社案内

株式会社伸和工業
東京都葛飾区東水元5-18-4
伸和ビル2F
Tel:0120-14-3600
伸和工業サイト 伸和工業携帯サイト

株式会社伸和工業      工事部 島倉賢三

ブログ検索

カテゴリー
お問合せフォーム

工事や修理のご依頼はこちらのフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。